スポンサーサイト

  • 2018.03.19 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    手つきスクワット

    • 2017.03.17 Friday
    • 13:03

     

    スクワットは太もも、お尻、

     

     

     

    体幹(腰、お腹や背中)の筋肉を

     

     

     

    鍛えるトレーニングで、

     

     

     

    スポーツをするしないに関わらず

     

     

     

    とても大切なトレーニングです。

     

     

     

    しかし正しくやろうとすると

     

     

     

    難しいトレーニングでもあります

     

     

     

    正しく行うには

     

     

     

    姿勢を保つ体幹の筋力

     

     

     

    重心の位置を維持するための

     

     

     

    股関節の柔軟性と

     

     

     

    おしりと太ももの筋力

     

     

     

    が必要です。

     

     

     

    正しくできないと

     

     

     

    膝、腰の怪我の原因になってしまいます

     

     

     

    そんな少し難しいけど

     

     

     

    絶対に欠かせないトレーニングである

     

     

     

    スクワットの練習として

     

     

     

    「手つきスクワット」を紹介します

     

     

     

    (やり方)

     

    1.壁の胸より少し下の位置に

     

     

      手をつき、足は肩幅に開き立つ

     

     

     

     

    2.壁についた手はそのまま

     

      膝が前に出すぎないように

     

      注意して、腰を落としていく

     

      ポイントは

     

      後ろにお尻を突き出すように!

     

     

     

     

    3.戻る時は股関節と膝を同時に

     

      伸ばしていき、元の姿勢に戻る

     

     

     

     

     

    (悪い例1)

     

    腰が立っていて、膝が前に出すぎている

     

     

     

     

    (悪い例2)

     

    腰が丸まってお尻に力が入っていない

     

     

     

     

    2つの悪い例に気をつけて行って下さい

     

     

     

    コチラのトレーニングもご一緒に!

    2017.02.08 スクワット練習編

     

     

     

    みさわ整骨院

    www.misawaseikotsuin.com

    荒川区東尾久1−3−5

    03-6807-9797

    スポンサーサイト

    • 2018.03.19 Monday
    • 13:03
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする