バランスボールを使った腹筋トレーニング2

  • 2016.08.29 Monday
  • 18:50

 

筋肉を強くするには、筋肉に

 

負荷をかけなくてはなりません

 

負荷のかけ方も色々ありますが

 

今回は腹筋に対して

 

等尺性の負荷をかけていきたいと

 

思います。

 

等尺性の負荷とは

 

「筋肉の長さを変えずに収縮させた」

 

状態です。

 

身近な例を挙げると

 

力こぶを作る時の力や

 

空気椅子の時の太ももの筋肉です。

 

曲げも伸ばしもせずキープした状態ですね。

 

等尺性のトレーニングは

 

関節を動かさないため

 

安全にトレーニングができます。

 

今回のトレーニングは

 

キープしながら足を動かすため

 

腹筋により強い負荷がかかります。

 

それではさっそくやってみましょう。

 

(やり方)

ゞ銚けに寝て両足にバランスボールを

 はさみ、両手を天井の方向に伸ばす

 

▲丱薀鵐好棔璽襪鮠欧ら少し浮かせて

 両足を使いその場で回転させる

 

(回数)

5〜10往復×3セット

 

 

Next 等尺性ならコチラも

 

 

 

 

みさわ整骨院

www.misawaseikotsuin.com

荒川区東尾久1-3-5

03-6807-9797

コメント
コメントする